イエステーションいわき アドレス株式会社

建築事業部 小沢店長様
インタビューアー:リフィード営業部シニアマネージャー 吉本

会社所在地:
福島県いわき市
ホームページ
https://www.address-web.co.jp/

アドレス株式会社様は、福島県いわき市をはじめとして不動産売買仲介、不動産賃貸仲介事業を展開し、
地元地域に貢献しながらお客様への 「より良い住環境」のご提案に注力されております。

イエプロの導入を決めたポイントは?

弊社では不動産取引が主な事業ですが、新卒採用も行っております。
若手営業マンはリフォームの知識が少なく苦労している中で、リフォームシミュレーター『イエプロ』を知り導入に至りました。
今では若手営業も「不動産+リフォーム」を初期段階で提案できるまで成長し、即戦力まで成長のスピードを感じております。

利用されている方は若手中心とお聞きしましたが、イエプロ導入による社内外の声はありました?

今までは営業のリフォームに対する指導ができず、知識もないため大半のリフォーム案件を他の会社に紹介しておりました。
しかしイエプロ導入後はほぼ全てのリフォーム工事を、社内で受注することが出来ています。
またお施主様からも弊社で不動産購入とリフォームを出来、大変ご安心頂き紹介にもつながっています。

イエプロを実際に導入してみてどうでしたか?

大体の価格と仕様がその場でお客様に伝えられるので非常に重宝しています。
営業(20名)に対して、見積対応(2名)しかいない為、今まではまず現調からスタートし月に「2〜30件」の見積対応が限界でしたが、
導入してから4ヵ月で月「20~30件」程の見積に対応出来ています。
特に若手営業マンは勢いで取ってくるケースも多いのですが、イエプロ導入後は勢いに精度もプラスでき非常に良い相乗効果が出てます。

見積対応力アップ以外のメリットはありますか?

弊社は不動産取引が多いのですが、例えばリフォーム済みの中古物件を案内する場合でも、買主様に販売価格に対して
どのくらいの価格をリフォームにかけていたかを、イエプロを使ってシミュレーションをお見せしてクロージングをかけています。

イエプロのデメリットはありますか?

各商品で仕様の選択ポイントが、少ないことかもしれません。
ただ選択ポイントを限定させることで、お客様が迷うことも少なく、
打ち合わせの短縮につながっています。
また選択ポイントが多いと、若手には使いずらいかもしれませんね。

イエプロの社内利用を上げるために工夫は?

やはりシステム導入には、定着させることが大切だと思っています。
最初の説明だけして営業マンが盛り上がっても、3ヶ月後には誰も使っていない等よくある話です。
弊社では導入にあたり『イエプロリーグ』と名付けた、ロープレを開催しました。
毎月1回イエプロを使ってロープレを行い、それぞれの営業マンに営業力の点数付けを行っています。
イエプロリーグは1部、2部、3部と人数を決めており、1部入りを目指すように勉強させております。
半年間の期間限定でスタートしましたが、今では営業が皆が、1部入りを目指して楽しんでロープレを行っております。

リフォームシミュレーター『イエプロ』を導入検討中している会社様への一言

今まではお客様から言われたこと中心に対応していましたが、イエプロ導入後はリフォーム知識が少なくても提案が出来るので、
若手を含め営業マンが、積極的にリフォーム提案が出来ています。
すぐに見積もりが作成できるため、お客様をお待たせすることも無くなりました。
また初回から適正価格でお客様に提案することができ、非常に助かっています。
これからの住宅・建築業界で生き残っていくためにも、イエプロの導入が必要不可欠だと思います。

facebook

サービス